teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. Notes(8)
  2. Note(22)
  3. CIA(2)
  4. Yasuhiro Nakasone(3)
  5. Disarmament(4)
  6. Note Japan(8)
  7. Yukio Hatoyama(1)
  8. Note 2(10)
  9. JFK(1)
  10. Taro Aso(1)
  11. Japanese Prime Minister(4)
  12. French Politics(2)
  13. Japanese Politics(4)
  14. Notes II(3)
  15. American Politics(3)
  16. American President(5)
スレッド一覧(全16)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


★世界景気の持ち直し想定より早い、日本株は買い時!!!=ギリシャとポルトガルの格下げが欧米の金融機関に与える影響は小さく

 投稿者:ウラル=アルタイ  投稿日:2010年 4月28日(水)13時53分33秒
返信・引用
  ★世界景気の持ち直し想定より早い、日本株は買い時!!!=ギリシャとポルトガルの格下げが欧米の金融機関に与える影響は小さくない。 潤沢な過剰流動性がいったん収縮したことで、欧米株式市場が急落。 日本株も海外投資家のポジション調整売りで下げ幅が拡大したという流れだろう。 ただ、日本企業への直接的な影響が大きいとは考えにくい。 世界景気の持ち直しは想定より早く、各国の中央銀行は金融政策を見直す段階に入ったが、グローバルシクリカルの位置付けである日本株は世界景気の回復と歩調を合わせた上昇が予想される。 企業業績を無視した今回の大幅安は日本株にとって買い時になるとみている。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\2010年4月28日\\\\\\\\\\★ 2010,04,28 \\\\\\\\\\\\\\\\\

    世界株安:識者はこうみる

 27日の米株式相場は、ギリシャとポルトガルの格下げを受けてユーロ圏経済の安定をめぐる懸念が高まったことから大幅 に下落したほか、28日の東京株式市場では日経平均も反落している。  市場関係者のコメントは以下の通り。

 ●  ギリシャ格下げは格好の売り材料、下落は続かず
     <立花証券 執行役員 平野憲一氏>

 ギリシャなど一部のヨーロッパ諸国のデフォルト(債務不履行)への警戒感が継続していたなか、投資不適格への格下げは特別なサプライズではない。 じわじわと上昇していた米国株市場や、日本株市場で売り方が格好の売り材料にした印象だ。 日本株については、ギリシャの格下げがなければ、資金管理団体 「陸山会」 をめぐる政治資金規正法違反事件での小沢一郎民主党幹事長に対する 「起訴相当」 とする検察審査会の議決を受けて、政局不透明感が売りのきっかけとなっていたかもしれない。 東京市場では、ロスカット的な売り仕掛けが加速する可能性はあるものの、前週安値の1万0900円割れのところでは、下げ渋り抵抗するとみている。前週と比較して、それほど円高に振れているわけではないことからも、下げは限定的ではないか。

 ●  FOMCの声明に変更なければ米株切り返し

   <日興コーディアル証券 シニアストラテジスト 河田 剛氏>

 格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)によるギリシャとポルトガルの格下げを受け、ユーロ圏経済の安定をめぐる懸念が高まったことで、リスク回避の動きが出ている。 外為市場ではユーロ/円などクロス円が下落しているが、ドル/円が93円台で下げ止まっているので、それほど円高という感じはしない。 とはいえ、格付けに関して比較的慎重なS&Pによる格下げの影響は大きい。 特に、ギリシャの場合はジャンク債扱いとなったことによるショックもある。 欧州連合(EU)内で、当然ながらドイツの支援だけでは難しいが、そのドイツは腰が引けている印象を受ける。 今後はスペインの金利動向を注視している。 一方で、米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明に前回と変更がなければ、米株価は切り返す可能性もある。 米株安が止まれば、日本株も下げ止まるだろう。

 ●  リスク資金巻き戻しで短期的な調整局面に

    <三菱UFJ投信 戦略運用部副部長 宮崎 高志氏>

 ソブリンリスク問題などで債券市場が揺れるなかでも株価が上昇しており、かなり行き過ぎの面があったことから、ギリシャやポルトガルの格下げは投資家がいったんリスク回避に転じ資金を巻き戻すきっかけになった。 安全資産の円も買われているため、日本株にとってはネガティブな状況だ。 ただ現時点で財政赤字問題が他のユーロ圏の国に波及しているわけではないし、景気や企業業績の回復期待が崩れたわけでもない。 企業決算発表が本格化しているが、慎重な業績見通しを示す企業が多い。 生産レベルの前提を前期並みに置いている企業がみられるなど、上方修正余地はある。 外部環境が落ち付けば評価されることになろう。 1カ月半程度の調整を経た後で再び株価も上昇基調に戻るとみている。

 ●  世界景気の持ち直し想定より早い、日本株は買い時

    <みずほ証券投資情報部ストラテジスト 堀内隆文氏>

 ギリシャとポルトガルの格下げが欧米の金融機関に与える影響は小さくない。 潤沢な過剰流動性がいったん収縮したことで、欧米株式市場が急落。 日本株も海外投資家のポジション調整売りで下げ幅が拡大したという流れだろう。 ただ、日本企業への直接的な影響が大きいとは考えにくい。 世界景気の持ち直しは想定より早く、各国の中央銀行は金融政策を見直す段階に入ったが、グローバルシクリカルの位置付けである日本株は世界景気の回復と歩調を合わせた上昇が予想される。 企業業績を無視した今回の大幅安は日本株にとって買い時になるとみている。

     首相 「このまま頑張って」 小沢幹事長続投を支持

 鳩山由紀夫首相は28日午前、資金管理団体の土地取引事件をめぐり検察審査会が 「起訴相当」 と議決した民主党の小沢一郎幹事長の処遇について、「このまま頑張っていただきたい」 と述べ、幹事長続投を支持した。 首相官邸で記者団の質問に答えた。  議決の内容については、「政府の立場でものを申し上げるのは検察の判断に予断を与えることになるから、何も申し上げるべきではない」 と述べるのにとどまった。  民主党の輿石東参院議員会長も同日の同党参院議員総会で 「参院選勝利に向かって、どんなことがあろうとも一致団結する」 と、小沢氏続投を支持した。  土地取引事件をめぐっては、東京地検特捜部が政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で告発された小沢氏を不起訴(嫌疑不十分)とした処分に対し、東京第五検察審査会が27日に 「起訴相当」 と議決。 小沢氏は同日、「何もやましいことはない」 と述べ、幹事長辞任を否定していた。


  首相、徳田虎雄氏と会談 徳之島移設案に協力要請か

鳩山由紀夫首相は28日、鹿児島県徳之島出身の元衆院議員徳田虎雄・医療法人徳洲会理事長と東京都内で会談した。 鳩山政権は徳之島を米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として検討しており、地元に強い影響力を持つ徳田氏に協力を求めたとみられる。 首相が民間人との面会で自ら赴くのは異例だ。  徳田氏は都内で病気療養中のため、訪問理由を 「お見舞い」(首相) としているが、普天間移設案についても説明するとみられる。 徳田氏は選挙区のあった徳之島に自ら経営する病院など医療施設も建設。 政界引退後は次男の毅氏が地盤を継いで自民党衆院議員を務めており、島に大きな影響力を持つ。  28日午後には毅氏が平野官房長官と会談する予定。 鳩山政権は虎雄氏の影響力を背景に打開を図りたい考えだ。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  年金の国庫負担   国民年金(基礎年金)の半分は国庫負担で賄われていることをご存じだろうか。 民間の個人年金よりずっと有利な仕組みだが、これが意外と知られていないことが分かった。

▼厚生労働省が3年ごとに実施している国民年金の実態調査(2008年)では、知っている人は全体で37%しかいなかった。 未納者は315万人。 原因としては、数々の不祥事による年金不信もあるだろうが、この仕組みを知らないことも大きいのではないか。

▼というのは、保険料(現在月1万5100円)の 負担が重い人には、所得に応じた4段階の免除制度 があり、きちんと申請さえすれば最低でも国庫負担分は受給できるからだ。

▼国庫負担は09年度から半分に引き上げられたので、保険料の4分の1免除なら年金額は全額を納付した場合の8分の7、半額免除なら4分の3、4分の3免除なら8分の5になる。 まったく払えないという 全額免除でも半額 は受け取れる。 これに加え年金額は物価水準の上昇に応じて改定され、実質的な価値が目減りしないような仕組みになっている。

▼ 国民年金は満額でも月約6万6千円 と、とても老後の生活を賄える金額とはいえないが、将来の無年金者を出さないためにも公的年金ならではの利点は、若者を中心にもっと宣伝する必要がある。

\\\\\\\\\\\\最終更新日時 2010年4月28日 11時57分9秒\\\\★ 2010,04,28 \\\\\\\\\\\
                                                  (前引速報) 反落 -276円
 日経平均株価(前引) 10935円99銭 (-276円67銭)

     高値 11008円88銭 ・ 安値 10882円40銭
           出来高概算11億8587万株

    (前引)   欧州ソブリンリスク受け、全面安    28日前引の東京株式市場では、日経平均株価、TOPIXは大幅反落した。 前日27日の格付会社スタンダード&プアーズ(S&P)によるギリシャ、ポルトガル格下げを背景に海外株式市場は急落。 東京市場も売り優勢のスタートとなった。 東証一部は1500超の銘柄が下落する全面安の展開に。 ただ、日経平均10900円を下回る水準では底堅い動きも見られ、売り一巡後は安値レベルでこう着状態が続いた。

 前引け段階の出来高は概算で11億8587万株、売買代金は9069億円。 値下がり銘柄数1525(全体の91%)に対し、値上がりは107銘柄。 規模別指数は、大・中・小型株いずれも下落した。 業種別指数は全33業種がマイナス。 陸運、保険、紙・パルプ、倉庫・運輸、精密機器、鉄鋼などが 下落率の上位 だった一方、ガラス・土石、繊維、ゴム、不動産、空運、海運などの下げは比較的小幅にとどまった。

 トヨタ、ソニー、ソフトバンクは売られ、昨日急伸したファナックは反落した。 三井住友、三菱UFJは安く、京セラ、JR東日本、ヤフー、Fリテイリングも軟調だった。 一方、独ダイムラーと自動車用の炭素繊維材料を共同開発すると伝わった東レは3日続伸し、4月5日に付けた年初来高値に接近。ヤフーと業務提携してパソコンゲーム市場に参入すると発表したDeNAは急伸した。 日電気硝子、IHIには決算を評価する買いが先行した。 日立は下げ渋り、前日の終値水準で前場の取引を終えた。 東芝の下げも小幅。


    (新興=前引け)    3指数いずれも下落     28日午前の新興市場では、日経ジャスダック平均、マザーズ指数は反落。 ヘラクレス指数は続落して引けた。マザーズ、ヘラクレス両指数の下げ率は %。

 ジャスダック市場では、ジュピターテレコム、インフィコム、ユビキタスが売られた中、楽天が切り返し、アーク、ジーモードは上昇。  マザーズ市場では、サイバーAG、グリー、ACCESSが下げた一方、スタートトゥディ、トランスジェニック、ネットプライスが買われた。  ヘラクレス市場では、ダヴィンチHD、大証、日本通信が軟調だった一方、ウェッジHD、燦キャピタルが上伸した。

  ****************************

    時効廃止   「私は妹の骨壺(こつつぼ)を抱いた。 あれほど忙しかったのに、時に不調を訴えることはあっても、妹はいつも健やかだった。 この健やかな重み。 なんて辛(つら)い重さだろう」。 10年前、東京都世田谷区の一家4人殺害で肉親を失った入江杏(あん)さんの思いだ。

▼命を奪われる理不尽は語り尽くせるものではない。 残された者の悲痛もしかり。 しかし、犯人の側には時効という味方がいて、決まった期間を逃げ通せば罪に問われない。 国家がそう保証していた。

▼殺人事件などの時効を廃止する法改正がきのう施行された。 「逃げ得」 はなくなり、人を殺せば死ぬまで追われることになる。 ちょうど15年前、岡山県倉敷市で老夫婦を殺した犯人は、逃げ切りまで約6時間だった。 どこかで生きているなら己を恨むがいい。

▼東京都八王子市のスーパーで女性3人が射殺された事件は時効まで3カ月。 池袋の立教大生突き倒し、葛飾の上智大生刺殺、そしてもちろん、入江さんに 「いっそ妹と不仲なら」 とまで思わせた惨劇も間に合った。

▼一方で、証言や証拠は古くなり、アリバイは立証しにくい、つまり冤罪を生みやすいとの指摘がある。 締め切りがなくなり、捜査の熱が冷めないかという心配もあろう。 どうかこれまで以上に初動に全力を注ぎ、司法の大転換を正義に生かしてほしい。

▼時効の廃止が悲しみを癒やしたり、犯人を追い詰めたりするわけではない。 それでも、いつか捕まるかもしれないという希望の灯は燃え続ける。 被害者と、多くの遺族の思いに寄り添って法律が正された。 時の必然であろう。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   黄金虫   このところ永田町では戯(ざ)れ歌がはやるそうな。 週刊誌によれば、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地取引をめぐる 「疑惑」 を揶揄(やゆ)した、童謡 「黄金(こがね)むし」 の 替え歌 もあるという。 ゼネコン絡みで 「金蔵建てた蔵建てた」・・・-。

▼例の収支報告書虚偽記入事件は今年2月、東京地検特捜部によって不起訴とされた。 それを今度は検察審査会が真っ向 「起訴相当」 の議決を突き付けたのだ。 市民からくじ引きで選出された11人の審査員。 強烈な民意の前に検察捜査の重い歯車が再び回りだす。

▼当欄でも事件は 「幕引きではない」 と書いてきた。 「嫌疑不十分」 だったにすぎない。 複雑な帳簿操作や大金の出どころなど、小沢氏の説明にどれほどの国民が得心したのだろう。 直後の世論調査でも支持率は急落、小沢氏の辞任を求める声が高まった。

▼ 「政治とカネ」 問題で並び立つ一方の鳩山由紀夫首相は、一足先に検察審査会からも 「不起訴相当」 の議決を得た。 小沢氏もここぞと 「強制捜査の結果として(特捜部からも)潔白を証明してもらった」 などと強調、審査会に 「冷静な受け止め」 を当て込んだ。

▼だが民意の砦(とりで)は固かった。 替え歌に込められた不信、残された 「嫌疑」 は解明されねばならぬ。 終幕ではない。 予測もつかぬ第2幕である。

       黄金虫 (初音ミク 童謡カバー曲)
       http://www.youtube.com/watch?v=hLZsQs2Pce g

\\\\\\\\\\\\\\\最終更新日時 2010年4月28日 11時33分13秒\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

ハルヒダンス 練習用
http://www.youtube.com/watch?v=ugW8p7UryU0&NR=1

ハレ晴レユカイ ~朝比奈みくるVer~
http://www.youtube.com/watch?v=8V_8JyWK8Ao&feature=fvw

ハレ晴レユカイ ~古泉バージョン~ harehareyukai koizumi ver.
http://www.youtube.com/watch?v=c9J5SJXz3O0&feature=related

ハレ晴レユカイ 長門 ver.
http://www.youtube.com/watch?v=UCrURkb8KhA&feature=related

ハレ晴レユカイ キョンバージョン NORMALSPEED
http://www.youtube.com/watch?v=jSyImSdcbwY&feature=related

後藤邑子 詰め合わせ
http://www.youtube.com/watch?v=F8Q6VStpZkM&feature=related

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
管理人様。。。常連の皆様。お元気ですか?!?。

   どうぞ、宜しく、お願いいたします。。。

http://8914.teacup.com/yamatotakerunomikoto/bbs?BD=11&CH=5

http://8914.teacup.com/yamatotakerunomikoto/bbs



     (大軍師・聖徳太子) >ウイリアムさん
 >>おいどんは長崎県人ですばい
  それは失礼しました。「おいどん」は鹿児島言葉だとばかり思
  い込んでいたもので(笑)。
  基軸通貨になるというのは世界の果てでも円で買物が出来るよ
  うになるということだと思うんです。アメリカのように毎年巨
  額の貿易赤字を出すくらい、世界中で買って買って買いまくれ
  ば、そのうち円はドルくらい強くなると思う。ただ世界中で偽
  札が作られるようにもなるんだろうけど(笑)。
 >>日本も輪転機を回すべきなのだ
  バブルの再来なんてことにならなきゃいいですけどね。
 >>反抗的になった日本が許せない
  少なくとも『ワシントンポスト』はそう思ってると思う(笑)。
 
 

George Washington

 投稿者:&#12514;&#12540;&#12522;  投稿日:2010年 2月25日(木)20時15分1秒
返信・引用
  George Washington (February 22, 1732 [O.S. February 11, 1731][1][2][3] December 14, 1799) served as the first President of the United States from 1789 to 1797[4] [5][6] and as the commander of the Continental Army in the American Revolutionary War from 1775 to 1783. Because of his significant role in the revolution and in the formation of the United States, he is often referred to as "Father of His Country".[7][8]

The Continental Congress appointed Washington commander-in-chief of the American revolutionary forces in 1775. The following year, he forced the British out of Boston, lost New York City, and crossed the Delaware River in New Jersey, defeating the surprised enemy units later that year. Because of his strategy, Revolutionary forces captured the two main British combat armies at Saratoga and Yorktown. Negotiating with Congress, the colonial states, and French allies, he held together a tenuous army and a fragile nation amid the threats of disintegration and failure. Following the end of the war in 1783, King George III asked what Washington would do next and was told of rumors that he'd return to his farm; this prompted the king to state, "If he does that, he will be the greatest man in the world." Washington did return to private life and retired to his plantation at Mount Vernon.[9]

He presided over the Philadelphia Convention that drafted the United States Constitution in 1787 because of general dissatisfaction with the Articles of Confederation. Washington became President of the United States in 1789 and established many of the customs and usages of the new government's executive department. He sought to create a nation capable of surviving in a world torn asunder by war between Britain and France. His unilateral Proclamation of Neutrality of 1793 provided a basis for avoiding any involvement in foreign conflicts. He supported plans to build a strong central government by funding the national debt, implementing an effective tax system, and creating a national bank. Washington avoided the temptation of war and a decade of peace with Britain began with the Jay Treaty in 1795; he used his prestige to get it ratified over intense opposition from the Jeffersonians. Although never officially joining the Federalist Party, he supported its programs and was its inspirational leader. Washington's farewell address was a primer on republican virtue and a stern warning against partisanship, sectionalism, and involvement in foreign wars. He was awarded the first Congressional Gold Medal with the Thanks of Congress in 1776.[10]

Washington died in 1799. Henry Lee, delivering the funeral oration, declared Washington "first in war, first in peace, and first in the hearts of his countrymen".[11] Historical scholars consistently rank him as one of the greatest United States presidents.

http://en.wikipedia.org/wiki/George_Washington
George Washington - Wikipedia, the free encyclopedia
 

レンタル掲示板
/1