teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


TestLinkでTracのチケット機能を使う2(XAMPPのapacheをTracも使う)

 投稿者:みゆき  投稿日:2009年 4月10日(金)17時09分39秒
返信・引用
   基本設定についてはTestLinkでTracのチケット機能を使う1を参照。

1.htdocsのコピー
   [TracLightのインストール先]\CollabNetSVN\httpd\htdocsをすべてコピー
   [xamppのインストール先]\htdocsにコピー(上書き)

2.http.confの編集
   以下、サクラエディタを使用して編集する
   (1)サクラエディタの設定をタブバー表示にしておく
   (2)[xamppインストール先]\apache\conf\httpd.confをサクラエディタで開く
   (3)[TracLightのインストール先]\CollabNetSVN\httpd\conf\httpd.confを
         サクラエディタで開く
   (4)作業用のウィンドウを開く
   (5)xampp側とTracLight側のhttpd.confからLoadModuleおよび#LoadModuleで
         始まる行をすべて作業用ファイルにコピーする
   (6)作業用ファイルでCtrl+R
      正規表現にチェック
      置換前:#(.+)\r\n
      置換後:\1#\r\n
     ですべて置換を実行
   (7)Ctrl+Aで全選択をし、Alt+Aで昇順にソート、Alt+Mでuniqを実行
   (8)末尾#以外同じ内容の行は#の行を削除する
     ※「# don't load because of mod_authoindex_color.so」の記述がある行は
            残し同じ#のない行を削除する
   (9)Ctrl+R
      置換前:(.+)#$
      置換後:#\1
     で全て置換を実施
   (10)置換後の内容をxampp側のLoadModule郡に上書きする
   (11)TracLight側の300行目付近にcgi-binに関する記述があるので、
     [TracLightインストール先]/python/share/trac/cgi-binだけコピーする。
     xampp側の300行目付近の[xamppインストール先]/cgi-binの下にコピーする
   (12)TracLight側の### Add for SVN and Trac以下全てをxampp側の最終行に
          追加する。
   (13)「../python/python25.dll」を絶対パス指定にする

3.modulesのコピー
   [TracLightインストール先]\CollabNetSVN\httpd\modulesを全てコピーして
   [xamppインストール先]\apache\modulesに貼り付ける。(上書き確認は全ていいえ)

4.httpd-userdir.confの編集
   [xamppインストール先]\apache\conf\extraのhttpd-userdir.confの内容を
      全て消してコミット

5.Apacheの再起動
   Apacheを再起動し、tracとtestlinkがそれぞれ使用できるか確認する。
   ※接続権限がないとメッセージが出たらhttpd.confのLocation設定が間違っている
        ためパスがあっているか確認する。
 
 

TestLinkでTracのチケット機能を使う1

 投稿者:みゆき  投稿日:2009年 4月10日(金)16時39分26秒
返信・引用
  TestLinkでTracのチケット機能を使う
 ・TracLightning-2.1
 ・xampp-win32-1.7.0
 ・TestLink1.8.1

1.TracLightningのインストール
  (1)http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080508/301009/?ST=develop
   ※最後再起動がかかる
  (2)[TracLightインストール先]\CollabNetSVN\httpd\conf\httpd.confの編集
      (xamppのapacheとポートが競合するため)
    Listen 80→Listen [任意のポート番号]
  (3)【スタートメニュー】-【プログラム】-【Trac】-【コマンドプロンプトから実行】
    2つコンソールが出るのでエラーが出ないことを確認する
    ※No installed service named"TracLightning"はOK。
     Java_Homeが設定されていないとエラーが出るので注意
  (4)http://localhost:[任意のポート番号]/tracをブラウザで開く
    プロジェクト一覧が表示されることを確認
  (5)SampleProjectをリンク
  (6)[admin/admin]でログインする
  (7)新しくプロジェクトを作成する
    ・【スタートメニュー】-【プログラム】-【Trac】-【コマンドプロンプト】
    ・create-project [任意のプロジェクト名]

2.XAMPPのインストール
  (1)http://phpspot.net/php/pgXAMPP%82%CC%83C%83%93%83X%83g%81%5B%83%8B.html
    ・Apache、MySQLをサービスとしてインストールする

3.TestLinkのインストール
  (1)TestLinkをダウンロードするhttp://testlink.org/wordpress/
  (2)作成されたzipファイルを[xamppインストール先]\htdocd以下にコピーする
  (3)http://localhost/testlinkをブラウザで開く
  (4)New installationリンク
  (5)Database Configurationに以下の値を記入する
    Database Type:MySQL(デフォルト)
    Database Host:localhost(デフォルト)
    Database Name:TestLink
    Database login:root
    Database password:
    TestLinkDB login:testlink
    TestLinkDB password:testlink
  (6)ライセンス確認画面でI agree to the terms set out in this license.にチェックを入れ「Procees」をクリック
  (7)TestLink(using login name:admin/password:admin Please Click Me!)クリック
  (8)admin/adminでログイン
  (9)プロジェクトを新しく作成する
    Name:[任意の文字列]
    Related Notes:[任意の文字列]
    Test Case ID prefix:[任意の文字列]
    チェックボックスをすべてチェック
  (10)ヘッダ「Personal」でユーザー情報設定
    Email:[適宜]
    Local:Japanese
  (11)個人パスワード再設定(必須)
    旧パスワード:admin
    新パスワード:[適宜]
  (12)ヘッダ「HOME」
    エラーメッセージが表示されていた場合
    config.inc.phpファイル編集
     $tlCfg->config check warning mode='FILE'
       →$tlCfg->config check warning mode='SILENT'
  (13)再ログイン

4.TracにXML-RPC プラグインをインストール
  (1)http://trac-hacks.org/wiki/XmlRpcPluginからプラグインダウンロード
  (2)ZIPを展開
  (3)【スタートメニュー】-【プログラム】-【Trac】-【コマンドプロンプト】を起動
  (4)コマンドプロンプトのパスを展開したフォルダのtrunkへ移動
  (5)python setup.py bdist_egg を実行
  (6)[展開したフォルダ]\trunk\dist\TracXMLRPC-1.0.0-py2.5.eggをコピーして[TracLightインストール先]\pluginsにコピー
  (7)http://localhost:[任意のポート番号]/trac/[作成したプロジェクト名]をブラウザで開く
  (8)admin/adminでログインする
  (9)ヘッダー「管理」リンク
  (10)「パーミッション」選択
  (11)anonymousにTICKET_VIEWとXML_RPCの権限が割り当てられていることを確認
    割り当てられていなければパーミッションの付与で付与を行う

5.TestLinkにTracを設定
  (1)[TestLink展開先]\cfg\trac.cfg.phpを開き、下記項目をサーバ構成にあわせる
--------------------------------------------------------------------------------
/** Trac Project Root */
define('BUG_TRACK_DB_HOST', 'http://localhost:[任意のポート番号]/trac');
/** Mapping TL test project name vs trac project url */
$g_interface_bugs_project_name_mapping = array(
'[作成したTestLinkのプロジェクト名]' => '[作成したTracのプロジェクト名]',
);
--------------------------------------------------------------------------------
  (2)[testlink展開先]\custom_config.inc.phpの編集
    最終行に以下の記述を追加
--------------------------------------------------------------------------------
$g_interface_bugs=’TRAC’;
--------------------------------------------------------------------------------
  (3)http://localhost/testlinkをブラウザで開く
    テストケースを作成し、テストの実行画面でバグ管理が表示されていれば成功
 

レンタル掲示板
/1